一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< 「深い河」という本があった | TOP | わたしが泣いても笑っても >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2012.06.18 Monday

大怪獣ガメラ

この間、友人たちと飲んだときに

ひょんなことから特撮映画の話になった



親の影響もあってか

子供の頃はよく怪獣映画を見ていた気がする

「怪獣大戦争」とか「ゴジラvsメカゴジラ」とか

テレビでもやっていたし

ビデオでもよく見ていた



親に連れて行ってもらって

映画館でもガメラやモスラやゴジラを見た

(これらは所謂、平成版といわれるものらしい)



だが、最近、めっきり怪獣映画を見なくなった

自分のアンテナが弱いだけかもしれないけれど

映画もあまり作られなくなったように思えるし

テレビでもてんでやらなくなってしまった気がする

もしかしたら、怪獣特撮映画にとって

僕らが最後の世代なのかもしれない

と、最近思うようになった



怪獣映画が好きかどうかはおいといて

SF映画として、ゴジラの一作目は

日本人なら一度は見ておいた方がいいと思う

お勧めだ

二作目以降は単なる怪獣映画だけど…

一作目は強いメッセージがこめられている



とか言って、今日お勧めするのはガメラだ(笑)



久しぶりに「大怪獣ガメラ」を見た



私は怪獣映画が好きであることを再確認した

さらに言うと、私はゴジラよりガメラが好きだ



今回、この映画を見ながら

どうして私は怪獣映画が好きなのか?

どうして私はガメラが好きなのか?

の二点を自分に問いかけてみた



まず、どうして私は怪獣映画が好きなのか?



それはとても簡単な理由だった

街の模型を怪獣が壊していくシーンの爽快感たるや!

そうだ!これが見たくて私は怪獣映画を見ていたのだ

子供のころは、早送りして

怪獣により都市破壊シーンだけを繰り返し見ていた

これはCGとかでは駄目なんだなぁ

模型の街だから良いんだよな〜と思ってしまう



あと、ガメラやゴジラの一作目を見てて

…白黒ならでわの臨場感ってあるよなぁ〜と思った

今後、怪獣映画が作られるなら

白黒の方がリアリティーあるんじゃなかろうか



次に、どうして私はガメラが好きなのか?



・ゴジラよりカワイイ

・ガメラは子供の味方

・舞台が北海道であることが多い…気がする

・自衛隊の臨場感

の四点が理由だろうか?



亀だし、飛ぶし、カワイイ

そして絶対に子供の味方なのだ

ゴジラは最初、絶対的恐怖の象徴だが

だんだんシリーズが売れるに従って

アイドル化していって、恐怖の象徴ではなくなってしまった

という変遷を経ているのに対し

ガメラは最初っから子供の味方なのだ

この一貫した姿勢がすがすがしい



あと、この一作目

北海道の襟裳岬が序盤の舞台



よく平成版ガメラ2(通称:G2)を見ていたが

この作品も札幌が舞台だったりする

シリーズ全体を通すと、全国が舞台になっているのだが

この一作目とG2を良く見ていたもんだから

ガメラは北海道のイメージがあるのだ

ちょっと自分勝手なイメージだが(笑)



そして、自衛隊の臨場感

ゴジラシリーズは長いこと

意識的に「防衛隊」や「防衛軍」とすることで

「自衛隊」というワードを避けていた感があるが

ガメラでは最初からしっかり「自衛隊」である

怪獣映画は自衛隊が出てきてこそ

臨場感が増して、現実感が出てくるのだと思う

だから、このガメラシリーズの

自衛隊を描く一貫した姿勢も

私の中では好印象なのである



…あくまで、私の感想であって

ゴジラを否定しているわけではないので

あしからず…

私もゴジラ好きです、はい(汗



今日見た一作目も

陸上自衛隊が最後まで奮闘する



怪獣映画は自衛隊が

無条件でヒーローとして描かれる

数少ない映像作品なのかもしれない



といった以上の点から

私はガメラ大好きっ子なのである



現在、GyaO!で放送中だから

見てみることをお勧めする



なんと「ガメラ 大怪獣空中決戦」まであるではないか!

こりゃ見ないとね…

ということで、ギャオスを拝んでから寝るとします

それでは、ばいちゃ☆



2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


18:26 | - | - | - | - | - |

コメント

 サディ様、ごめんください。突然のコメントで、誠に恐れ入ります。
はじめまして。 私は、下記のTBを致しました「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事には「ガメラ」の検索から参りました。
 拙Blogでは従来より、昭和のガメラシリーズに付いて言及された記事情報をまとめておりまして、この度6月23日付けの下記TBの更新
「ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2012/06/23」
中にて、こちらの記事「大怪獣ガメラに依るガメラ論議」を紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上した次第です。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。
2012/06/23 5:30 PM by ガメラ医師
>ガメラ医師様
コメントありがとうございます。貴殿のブログで紹介していただき、誠に恐縮ながらも、とても光栄です。

G兇良饌罎故郷の札幌ということもあり、幼少のころより怪獣=ガメラでありました。

父と一緒にG兇鬚澆討い燭箸、すすきのがレギオンに破壊されているシーンのときに「このときは大変だったよ。」と父がつぶやくのを聞いて、しばらくレギオン襲来が実話だと思っていたのが懐かしいです(笑)

これからも当ブログをよろしくおねがいいたします。
2012/06/24 12:56 AM by サディ

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/953

トラックバック

ガメラ:昭和(湯浅)版視聴記など 2012/06/23
 本日二本目の更新です。一本目「ガメラの風景 /06/23 」はこちら。 昨日の更新「 湯浅版視聴記 /06/22 」に続いて、 昭和の大映ガメラシリーズ8作品の鑑賞記などを、まとめてご紹介しております。  オリジナル特撮動画「G×G 大怪獣総決戦 Chapter 1 」を、「
(ガメラ医師のBlog 2012/06/23 5:08 PM)

▲top