一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< 映画「八甲田山」 | TOP | 悲しき商店街シリーズ(北九州市戸畑区銀天市場〜マルコシ市場) >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2014.06.15 Sunday

舞台のない清水寺

福岡県北九州市小倉北区清水に

舞台のない清水寺がある



もちろん、読み方も「きよみずでら」だ



本尊は京都の清水寺と同じ千手観音

ちなみに、京都の方は

北法相宗大本山、なんだって!



きちんと、市の設置した立て看板もあった



夜に来ると雰囲気満点の池

橋も鳥居も、これらはすべて

昭和十年に作られたものだという



歴史を感じる立て看板も

こういった類の字体って

不思議と頭に入ってこないよね



意外と奥行きのある造りになっている

外からパッと見るだけでは

生い茂る木々に視界を遮られて

どういった規模のお寺かわからないが



お地蔵様ひとつひとつ

よく見ると顔が違って面白い



ほんわかしたお顔もあれば



欠けているのもあって…



もう、ないやつも…



そこ此処にいらっしゃる…



整備された郊外墓地のお寺にはない

風情があって素敵



この写真を撮っているときに

番犬に烈火のごとく吠えられて

肝も息子も縮まった



お参りするところは…

あれ、完全に、これ、神社じゃない?



そういえば、池のところにも

鳥居あったし…



と思って、調べてみると

いわゆる「神仏習合」なのだという

なんだか、不思議な感じ



こういう神社色の強いお寺でお参りするときは

どうしたらいいんだろうか?



ここでお百度も踏める

…階段があって、すごい大変だが(*_*;笑



百度石の近くにある「芭蕉石」



「芭蕉」って刻まれるだけで

なにもわからないらしい



舞台がないために

飛び降りることはできなかったが



ちょっとした人の優しさに

触れることができた



「これはイスです」

確かに、言われなければ

イスだと気が付かなかった



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


23:47 | - | - | - | - | - |

コメント

「清水」と聞くといつもあっちの清水も同時に連想してましたが、まさか寺もあるとは・・・・(笑)

趣ある地蔵たちと椅子がいい雰囲気出してます
2014/06/16 12:30 PM by べあ
お百度参り懐かしい!
リベンジしてみたら?笑
2014/06/16 4:57 PM by あ
>べあ
今度、エルフェンの練習来た時にでも連れてってあげようか?笑

椅子は最近置かれたものだと思うよ。お地蔵さん、かわいいんだけど、本当に夜は怖い。明かりがないけね(;・∀・)
2014/06/16 5:31 PM by サディ
>あ
いつかしようと思っているけど、なかなか(笑)

少なくとも、此処ではしないかな?だって、石段を上り下りしなきゃいけないんだもん。死んじゃうよ(笑)
2014/06/16 5:32 PM by サディ
ここ、夜に前通るだけでもこわいですよねΣ(゚д゚lll)
2014/06/18 12:46 AM by まこ
>まこ
もうなんなら、昼でも怖いもんな(ーー;)
2014/06/18 1:23 AM by サディ

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/2204

トラックバック

▲top