一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< 映画「無法松の一生」(1958年) | TOP | 舞台のない清水寺 >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2014.06.14 Saturday

映画「八甲田山」

映画「八甲田山」を見た



小学生の頃、「二百三高地」と一緒に

親にビデオを借りてもらったのだが

何度見ても、途中で寝てしまい

終ぞ最後まで見ることができなかった

小学生にはちょっと早かったようだ



しかし、時は流れ

私も大学生になった

そして、先日の「たかじん」で

本作の撮影を担当した木村大作



「映画にCGなんていらねぇんだよ!!」と

絶叫していたため

ふと、「八甲田山」を再度見てみようと

気持ちを掻き立てられた次第である



木村大作が絶叫していただけあって

映画「八甲田山」の迫力はすさまじかった



大勢の兵士が滑落していく場面など

あまりのリアルな凄惨なシーンに

何度も目を覆いたくなった



本作は、世界最大規模の山岳遭難事故と言われる

八甲田山雪中行軍遭難事件」を題材とした

新田次郎の「八甲田山死の彷徨」を原作としている



210人のうち199人が死亡した

未曽有の事件…その原因はなんだったのだろうか?



上官が無能だったから?

その無能な上官への

理論的な反論を許さない組織体系?

作戦そのものが無謀だった?

準備不足だったから?

歴史的な大寒波が訪れたから?



狂う兵士

泣く兵士

石が転がって、木が倒れるように

固まって冷たくなって

死んでいく兵士を見て

我々は、何を思うべきか…



彼らを呑みこんだのは

雪だったのか?

それとも、人間の浅はかさだったのだろうか?



にほんブログ村 映画ブログ 戦争映画へ
にほんブログ村

 

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


16:13 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/2202

トラックバック

▲top