一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< 嫁がゆるさへん | TOP | 映画「無法松の一生」(1958年) >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2014.06.13 Friday

悲しき商店街シリーズ(北九州市小倉北区亀川市場)

歯科大生がよく利用している

TSUTAYA朝日ヶ丘店(通称゛井堀のツタヤ”)

のほど近くに、ひっそりと佇む

「亀川市場」



TSUTAYAやドラッグストアがあり

また、大学も近いため

ここら辺は、昼も夜も人の往来は盛んだ



しかし、この亀川市場を気にとめる人は

ほとんどいない



木造アーケードだが

すでに天井がはがれている



一部、照明が点いている箇所もあるが

ほとんどの照明が消えて久しい様子

外が明るいから、天井の禿げたところから

差し込んでくる光で、市場の中を

明るく見通すことができるが

夜に来ると、真っ暗で、怖い



「本日のサービス品」が傾いている



一つとして営業している雰囲気はない

この市場は完全に廃墟化してしまっていた



奥の方まで行ってみた



奥の方は、激しく倒壊していた



すでに市場らしい姿も

すっかり失われてしまっていた



そういえば、今日は金曜日だった



こっちが出口か



のぼってみて、振り返ってぱしゃり



北九州の市場は「ホルモン」を看板に

掲げているお店が多いように思う

しかし、この看板の店も

市場の中には見当たらなかった



ここがにぎわっていた時のことを

なんとなく想像してみると

切ないような、なんとも言えない心地になる

向かいの「スピナマート」にやられてしまったのか?

それとも、もっと以前から寂れてしまったのか?



営業していたのは市場の外側に面している

カラオケ屋と、裏のうどん屋だけであった



こんなに人通りが多いのに

誰も、ここを知らないし

ほとんど気づかず見向きもしない

というのが、なんだか侘びしい



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


23:56 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/2200

トラックバック

▲top