一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< 悲しき商店街シリーズ(北九州市八幡東区昭和市場) | TOP | 仁義なきミヨシアキラ >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2014.05.30 Friday

悲しき商店街シリーズ(北九州市八幡東区八幡中央市場)

八幡東区役所のほど近く

八幡の、それこそ中心に

どっしりと姿を構える

「八幡中央市場」




銀行やコンビニが立ち並ぶ風景に

時代に取り残されたように

ぽつんと存在感を匂わせている




ちょっと入るのには勇気がいる…



中はちょっぴり薄暗い

アーケードではなく

ビルの一階(半地下?)に

市場はあった




「貸店舗」のスペースも

すっかり物置スペースになっており

段ボールが乱雑に積み重ねられていた




‟中央”市場というには

あまりにも寂しい光景だ




がらんどう…という言葉がぴったりだ



看板があって

ようやく、お店があったことがわかる




止まったままの時計

いったいいつから止まっているのだろう?



とは言え、ひっそりと

がんばっている人たちもいる

「何者だ?」という厳しい視線を浴びた(笑)




ビルの二階より上は住宅になっているようだ



チ・ャ・ン・ス・で・ラ・ッ・キ・−・!!

今、ぺったんくん加盟店がおもしろい!



この「八幡中央市場」の

マスコットキャラクターだろうか?

(ぺったんくん?)

いったい、いくつ加盟店があるのだろうか?

そして…おもしろ…ぃ…?



すぐ横に

ぺったんくんシール廃止を告げる

張り紙が貼ってあった

どうやら「ポイントカード」になるらしい



壁には落書きまみれ




落書きといえば、相合傘に淫語

ここも例外ではないようだ




貫録のある市場であった…



それにしても…

どうして、ぺったんくん、なんだろう?

 にほんブログ村 大学生日記ブログ 歯学生へ
にほんブログ村

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


15:19 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/2179

トラックバック

▲top