一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< 紺いろの地平線 | TOP | 悲しき商店街シリーズ(北九州市八幡東区八幡中央市場) >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2014.05.30 Friday

悲しき商店街シリーズ(北九州市八幡東区昭和市場)

悲しき商店街シリーズ」も

ついに第10回目!

ということで、カテゴリーを新設した



北九州は寂れた市場・商店街天国!

今後も、発見し次第

取り上げていきたい!



さて、今日取り上げるのは

北九州市八幡東区昭和にある

「昭和市場」だ




以前、小倉北区昭和町の廃市場

とりあげたことがあるが

八幡にも「昭和」って町があるんだね




「天下一品 昭和市場 鮮魚、野菜、其他」

かすれた文字の看板が悲しい



中は案の定、シャッターストリート




ほかの北九州の市場に比べると

通路も広く、天井も高く

狭い印象は受けなかった

商店が見世棚を出したら

狭くなるのかもしれないけれど…



木造アーケードが時代を感じる




市場は上から見ると

「ト」の字型になっていて

真ん中の出入り口にはお地蔵様が居た




おんかあ かあ かみさんまえ そわか

合掌…




真ん中の出入り口は

市場かどうかもわからない

なんだか、洞窟の入り口みたいだ




もう一つの出入り口は

なんだか人の気配があったので

後でうしろから回ってみることにした




「スワロスキー」

「ツャルドネ」



??



どうやら「スワロフスキー」と

「シャルドネ」のことらしい

この言葉で検索してみると

宝石店サイトがたくさん出てきた

ここは宝石店でも入ってたのだろうか?




反対側は市場というよりは

個人商店のような雰囲気

もう、裏が市場と

つながっているだけなのかも…



こういう、時代において枯れてしまった

寂れた市場や商店街は

これから、どうなっていくのだろうか?



 にほんブログ村 大学生日記ブログ 歯学生へ
にほんブログ村

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


14:49 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/2178

トラックバック

▲top