一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< ポケットの中に | TOP | 修羅の国の深淵に迫る!〜謎の楠橋城 その1 >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2014.04.29 Tuesday

悲しき商店街シリーズ(黒崎駅前)

久しぶりの

「悲しき商店街シリーズ」だ

オカゲサマで

ついに今回で第8回を迎える



北九州はいたるところに

大小さまざま(主に小)の

「悲しき商店街」が星の数ほど眠っている



とはいえ、素材は数多にあれど

なかなか取り上げるタイミングがないまま

今日まで来てしまった…



しかし、今日取り上げるのは

これまでのシリーズの中でも

群を抜くスケールの物件であり

紹介しないわけにはいかないのである!笑



そう!「悲しき商店街シリーズ」

第8回目は…

日本最大級の「悲しき商店街」!?



北九州の副都心

黒崎の駅前商店街である




かつては小倉と肩を並べるほどだった

北九州第二の都市黒崎

その駅前には大小様々な

商店街・銀天街が縦に横に入り組んでいる

ここでは一括して「駅前商店街」としたい



小倉が碁盤の目であるのに対して

黒崎は放射線状に町が広がっている

とってもオシャレ



街を挙げて、NHK大河ドラマに



あやかろうとしているのだが…



どうも…



様子が…



お…



か…



し…



い…のである!



今日は祝日!



しかもゴールデン・ウィークだというのに…



この寂れ具合は



穏やかではない…



人もまばらだし



シャッターは鉄壁



かつては大変にぎやかだったのだろうけれど



その姿も偲べないほどに



ゴーストタウンの様相を呈している



また、黒崎が

みんなのオアシスになることはあるのか?



黒崎に愛と光を!



半廃墟と化した

黒崎の駅前商店街の全貌を

お伝えした


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


■関連記事(悲しき商店街シリーズ)■

 

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


17:25 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/2133

トラックバック

▲top