一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< KAMEMUSHI〜対峙編〜 | TOP | 日本のいちばん長い日 >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2013.10.02 Wednesday

手洗いマスター

今日の口腔外科学実習では

1時間ずっと手を洗っていた

ただ手を洗うと言っても

なかなか奥が深い




(実習書より)



常に手を肘より上にあげながら

水でぬらし、石鹸をよく泡立てる

手のひら、手の甲、爪先、指の間

指一本一本に及ぶまでしっかりと洗う

さらに、手首、前腕、肘の周囲まで

しっかりと洗いあげて水で流す



洗った部位の清潔性を保つために

肘よりも上に手をあげたままで

すべての動作をおこなうのは

思いのほか難しかった

腕がぷるぷる…ってなった(笑)



しかも、洗うだけではなく

タオルで拭き取るところも

せっかく清潔にした腕を

不潔な場所に触れさせないように

細心の注意を払って行う




(実習書より)



タオルも「無菌タオル」を用いた

このようにして、ドクターの先生たちは

手術の前に、手洗いを2回繰り返し

無菌タオルで拭き取り

無菌手袋をはめて

しっかりと腕を清潔にしてから手術を行う

そうすることで、感染を可能な限り

未然に防げるとのことだ



自分が思っているより

手って、汚い


(北里大学HPより)

これを機会に、もっとしっかり手洗いをするようにしようかしら



もちろん、実習ではオペは行わない(笑)

が、オペの前準備を何回かにわけてやっていく

ちなみに、無菌手袋の装着は来週やるらしい



何回か練習したが

無菌タオルが配布されたときのことである

もらった直後に、手にタオルを持ちながら

思いっきり「はくしょん!」とくしゃみをしてしまったので

清潔だった無菌タオルは

私の手に渡って数秒で不潔になってしまった

周りの友人たちから「はい、不潔〜」と言われた(笑)



最後は先生の目の前で

手を洗って、チェックを受ける

洗い終わってチェックを受けるまで

手をずっと上にかざしていないといけなかった

けれど、ドラマでみる外科医みたいで

少しテンションがあがった(笑)



気分はこんな感じであった(笑)



そういえば、この画像

懐かしの「白い巨塔」の手術場面

私の世代が見ていたのは

唐沢寿明が主演のリメイク版で

みんな見てたなぁ



先月の29日に作者の山崎豊子さんが

お亡くなりになったそうである

そういえば、祖母から勧められていた

「大地の子」をまだ読んでいなかったっけ

こんど札幌に帰ったら読んでみようかな



ご冥福をお祈り申し上げます…



それでは、ばいちゃ☆


2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


19:30 | - | - | - | - | - |

コメント

転載済み
2017/05/18 10:29 PM by sady

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/1838

トラックバック

▲top