一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< 僕は漫画家 | TOP | ワルキューレの冒険 時の鍵伝説 >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2010.09.22 Wednesday

我が良き友よ

大学と故郷が遠いため

帰省の日程と部活の合宿の日程が重なってしまったサディです(^_^;)

昨日から弓道部は合宿が始まりました

うーん、復帰するの怖いなぁ(^_^;)



さて、今日は北24条で合唱部の同期とカラオケ

いい加減、札幌、寒いっす(>_<)

(↑「北のすすきの」北24条のパンやから見える景色。「サッパロ」ってw)

同期って、ナガタニときょろぼとタツヤンの三人

ナガタニとは半年ぶりでずっと部活で一緒だったのに

まだ人生通算で三回目のカラオケ

タツヤンとはめっちゃ行ってるんだけどね

きょろぼに至っては、今日が初めてっていう

なんだか意外だったわ(^_^;)



きょろぼの裏声ミクルはすごかった(笑)

相変わらずナガタニのコブクロの完成度たるや(笑)



「イヨマンテの夜」がうけてよかった

この曲をうけて「流れを読む」タツヤンは

全力で沖縄県民謡を歌う

意外すぎて爆笑した(笑)



途中から「ささきいさお縛り」発動!

俺が発動したんじゃないよ?

きょろぼが発動したんだよ!

「縛り」が俺に有利っていうケースは人生初(笑)



途中から、アフレコ機能を使ってみる

これはアニメのワン・シーンに声を当てるという機能

曲目を選ぶ感覚でシーンを選べるといった趣向

ん〜、考えられてますなぁ



事件は突然起こった

きょろぼがテキトウに入れた「テイルズ オブ デステニー」

というアニメのワンシーン

僕とナガタニがアフレコ担当

まずお手本が流れる

「我が名を…」←こっちを俺が担当

「お前の名は…ディロムーーーーーーーース!」←こっちをナガタニが担当



さぁ、アフレコスタート!

サ:我が名を…

ナ:お前の名は……

ディムロぁあぁぁぁぁぁぁぁーーーーーー〜…



何が起こったナガタニ?!といった感じでした(笑)

ディロムスをディムロスって言い間違ったのを

言いながら気付いたそうです(笑)



アフレコ面白かった

タツヤンが結構役者だった



あと、俺、良い声だわぁ〜

自分で聞いてて思ってしまった…

そんな自分が少し気持ち悪いが

でも、滑舌悪いわ

zam先輩にまた怒られるorz笑



カラオケを途中で抜けて

母校へ行く

僕が三年生だったときに一年生だった

61期生の面々とも会えたからよかった

(↑放送室の一角においてあった。僕達の誇り)

テレドキュ(テレビドキュメンタリー)の構成を見る

感想を言ったり、方法論を少し展開してみる

番組をつくってる時って

意外と「自分が何をつくりたいか」を見落としがちだから

「穴を埋めていくような制作」ではなく

一旦作業から離れて、遠くから「何を造りたいか」の根幹を固めることが大事

というのは、僕の番組制作論



穴を埋めていくだけだと

全体の形がいびつになってしまった時に

それに気が付くことができないから

骨組みをまずしっかり組み立てることが大事

…だよ!笑



その後はラジドキュ(ラジオドキュメンタリー)の構成を見る

前回一度見たときより

ぐっと良くなっていた



全然、アナウンスらしいことしてない…

完全に技術屋だよ…

あ、でも、朗読の原稿は見てあげたぞ!



テレドキュ制作に精を出している

62期の後輩である、みあい*が凄い俺のことを褒めてくれる(笑)

僕は高校二年生の時に

第四回高校生平和祈念ビデオ制作コンクールで

シベリア抑留をテーマに一本テレビドキュメンタリーをつくったことがありまして

規模の小さい大会ながらも

全国で優秀賞(第二位)をいただいたことがありました

絶対にクオリティー的に一位を凌駕していたけれども…(悔)

結構、このときのテレドキュが自信作でさ



その作品を、みあい*が見てくれて

「感動しました!」と言ってくれた

「涙でそうになりました。だから、先輩と初めてお会いしたとき凄く緊張したんです」

…可愛い奴(*^_^*)

「しべりあ大好き!」と言ってくれました

世代を超えて、自分の造った作品が認められるというのは

賞にも代え難い喜びであります

なぁ、ヤナギ!



あ、ちなみに放送局では「しべりあ」というと

平和祈念に出展したテレドキュのことを指すんです

別にロシアのシベリアが大好きという意味ではないんですよ(笑)



一通り現役と交流した後は

再びナガタニ、きょろぼと合流して

夕飯を松屋で食べる

あれ、ここ(北24条)に松屋あったっけ?

タツヤン帰っちゃった。



ついつい長居してしまった

仲間達と次に会えるのは

冬…クリスマス、年末年始の頃だね(^_^;)

それまで、しばしの別れだ!

…というか、スカイプできるようにしておくよ!



それでは…ばいちゃ〜☆


2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


22:32 | - | - | - | - | - |

コメント

やっぱりミクルは歌うのか笑


そんな俺は「ミクル伝説」より「ミノル伝説」が好き笑
2010/09/23 7:58 AM by whalow
>whalow
噂には聞いていたけれど…あんなに裏声でるって凄いなぁ〜って思った
俺なんて、裏声かすかすだからさ(笑)

「ミノル伝説」w
2010/09/23 3:50 PM by サディ

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/178

トラックバック

ALL COVERS BEST(完全生産限定盤B)(オリジナルピック付) |コブクロ
ALL COVERS BEST(完全生産限定盤B)(オリジナルピック付)コブクロ...
(ベストアンサー 2010/09/24 4:06 PM)

▲top