一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< ついに自動車運転免許を入手! | TOP | 悲しき商店街シリーズ(上野幌商店街) >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2013.08.30 Friday

悲しき商店街シリーズ(到津市場)

大型のスーパーなどに押されて

全国的に商店街やアーケードの活気が

どんどんと失われてしまっている

これも時代の流れなのだろうか

皆さんの町ではどうだろうか?



私が札幌に帰って来て思うのは

わずか数年にもかかわらず

札幌の街はどんどんと大きく姿を変えている

そして、その中で地元の商店街が

着実に活気を失っていってしまっているということを感じる



今回、「悲しき商店街シリーズ」と題して

3つの商店街を紹介していきたい



当初、「上野幌商店街」と「新札幌青鮮市場」を紹介しよう

と思っていたが、北九州の「到津市場」を

このブログで紹介したつもりになっていてしないなかったので

まず、その,箸靴董崚津市場」を

そして、その△箸靴董崗緻酲攵ε抗后

そのとして「新札幌青鮮市場」を紹介していきたい



まず、最初に北九州市小倉北区の

下到津の住宅街の中にひっそりと佇む

「到津市場」をご紹介したい



大学の近くにあったにもかかわらず

中に入ったことがなかった

最初に教えてくれたのはトンヌ先輩で

市場の中に入ってみて、とても驚いてしまった



北九州はひとつの町に

必ずひとつ市場があると言っても

過言ではないくらい

地域の商店街・市場がとてもがんばっている地域である

とはいえ、時代の波に呑まれて

さびしくなってしまった市場も少なくは無い

この「到津市場」もその一つである



端の店舗は営業しているようだが

中の店舗は閉店してしまっているようだ



かつては北九州の中でも有数の

大規模な商店街だったようだが

いまではシャッター街へと姿を変えてしまっている



通路を照らす蛍光灯だけが光っていて

とてもさびしい

ぴちょん、ぴちょんと水が滴り落ちる音が響く



人の声がすると思って振り向くと

猫の喧嘩であった

すっかり猫のたまり場になっているようだった



いたるところにくもの巣がはられていて

歩いて通るだけで

気をつけていないとくもの巣まみれになりそうだった



住宅街の中に忘れ去られたように

ひっそりと佇む「到津市場」

ただただ蛍光灯がシャッターを照らしている


2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


22:45 | - | - | - | - | - |

コメント

えっ、どここれこわい(゜□゜;)

あ、それと、合格おめでとうございます!
2013/08/31 10:38 AM by りょーこ
>りょーこ
100円ローソンと山海飯店の道をまっすぐ進むとあるよ。たぶん、皆、999(さんきゅー)に行く途中で前を通っているはずだけど、気づいていないんだと思うよ。

端のお店は細々とやっている感じだったけどね。

あ、ありがとうございます!やっと再試験の勉強ができます(笑)
2013/08/31 11:14 AM by サディ

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/1750

トラックバック

▲top