一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< 終わらない世界 | TOP | 遙かなりその国柄 >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2012.10.14 Sunday

合唱が恋しくなった日

今日は産医大へ

賛助として練習に参加してきた



今日は久しぶりに

合唱曲っぽい合唱曲を歌いたかった

やっぱりつくづく、合唱人なんだなぁ、自分



学生ステージの練習だったが

五木寛之作詞、三善晃作曲の

「ふるさとの丘」という曲が

とても良いと思った



三善晃先生の作品らしく

BASSは「ルン」とか「A−i lala」が

多いのがまた良い

最後の和音もすごい三善作品らしい

三善作品の和音って

はまって響くと涙がでてきそうになる

理屈抜きで心にしみわたってくる

…はまればね。

だから、三善晃先生の作品は大好き



「ふるさとの丘」ってどの曲集だろうか?

と思って調べてみると

「混声合唱とピアノのための ゆったて哀歌集」

の一曲のようだ



検索かけてみたら

頭の方に「岡崎混声合唱団」のライブラリ

がひっかかったので、なるほどなと思った(笑)



去年、メデュの学ステでやっていた

「鳥の歌」も

この「ゆったて哀歌集」からだったのか



帰りは賛助の人たちで

一緒に電車に乗って帰ってきた



駅から自転車に乗って

途中のスーパーで卵を買う

鼻歌を歌いながらペダルをこぐ



「いざ〜♪いざ〜♪

みふ〜ねい〜でませ〜や♪」



ん?なんだっけこの曲…

曲名よりもメロディーが先行する

お、そうか

これは信時潔先生の

「海道東征」の「御船出」か



そんなことを考えながら

夜の道を自転車で走る



電車で見た高校生カップルの

むさぼるような接吻

誰もいない車内で

まるで映画のワンシーンだった



…久しぶりに、のんびりと一日がすぎた



明日からまた

定演にむけて走りださなきゃ



それでは、ばいちゃ☆


2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


20:30 | - | - | - | - | - |

コメント

つぎはここから
2017/06/11 9:32 PM by さdy

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/1156

トラックバック

▲top