一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

<< ドクターはゴルフがお上手 | TOP | テルマエ・ノボリベツエ(1) >>

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2012.08.26 Sunday

平成ガメラ三部作の魅力!大迫力!!

ついに平成ガメラ三部作の完結

さらにはガメラを生み育んできた

大映制作による最後のガメラ作品

「ガメラ3 邪神〈イリス〉覚醒」

を見た!これで平成ガメラ三部作は制覇!



実は、このG3は

父と映画館で見た…ような気がする

父もDVDを見ている俺の横で

「俺もこれ、見たような気がする」

と言っていたから間違いない(^^)/



さて、このG3

なんと、興行収入が10億円を超えていれば

ガメラ4も制作されていたかもしれないのだとか

確かに、完結編で終わっても大丈夫だし

続編があってもおかしくない終わり方だったナァ

とにかく、三作品とも

興行収入は目標値には届かなかったようだ



すごい特撮!

CGもパワーアップしていた

怪獣同士のがっつりした戦いも見れたし…

平成ガメラシリーズに一貫している

ガメラと、その巫女の関係についても

全作品を通しての説明がなされていた

さらには、ガメラと人間との関係性や

G2で勾玉が壊れた理由も判明した



また、「いくら正義の味方の怪獣でも、

悪の怪獣を倒すために街中で激しく戦ったら

一般市民が巻き添えとなって

犠牲になるのではないか?」という

特撮怪獣映画を見る人が

ふと思う疑問にも挑戦していた



映画の序盤ではガメラの凶暴性が

人間に及ぼしてしまう危険性に触れ

比良坂のガメラを憎む心に根拠と説得力を与えている



でも、「子供の味方」であるガメラを

ガメラファンとしてはもっと見たかったかも…



さらに

正直に言うと…

G1やG2を見て期待していたものと

なんか違った

見たかったものと

…上手く言えないけど…

やっぱり、違うな〜という印象



とはいえ、やっぱり平成ガメラ三部作は

他の怪獣特撮映画とは違って

私にとってどこか特別なものであり

怪獣映画のおもしろさを改めて思い出させてくれた

すばらしい作品群だったと言える

G3もアレコレ言っているが、面白かった

…が、もう一回見たいのはG1,G2で十分かな…



ということで

G3で良かったなと思う点を

下にあげていきたいとおもう(^^)/



記事の題名にある

「大迫力」は「だいはくりょく」じゃなくて

三作品すべてに出演している

ある時は長崎県警の警部補〈G1〉

ある時は千歳ビール工場の警備員〈G2〉

怪獣によって人生を翻弄された

「おおさこつとむ」のことである



本作では、なんと、ホームレスになっていた



渋谷の道ばたで雑誌を売っている姿を見て

なんか、目頭が熱くなってしまった

その後、一作目で共にギャオス調査にあたった

長峰真弓と再会し

ふたたびギャオス調査に乗り出すことになる

さらには、守部君の説得役になり

彼を京都まで誘うという、なかなか良い役

よかった…と再びほろり(T_T)



あと、若かりし日の仲間由紀恵まで



出てきてすぐにミイラになっちゃうけどね…(^^;)



あと、火の海の京都を見れて

なんだか新鮮だった

大東亜戦争でもアメリカは京都を空襲しなかったのに

ガメラとイリスは容赦なかった(笑)



…ということで…

平成ガメラ三部作はとってもオススメなので

皆さんも是非、ご覧くださいね!



それでは…


2014.07.14 Monday

スポンサーサイト


01:12 | - | - | - | - | - |

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://tulip-kimkim.jugem.jp/trackback/1065

トラックバック

ガメラ:平成(金子)版視聴記など 2012/08/27
 本日四本目の更新です。一本目「特撮博物館でガメラ /08/26 」はこちら。 二本目「 同 /08/27 」にはこちらより。 三本目「 第4週のフィギュア情報(その3) 」は、こちらから。 「大怪獣空中戦」から「邪神覚醒」まで、平成(金子版)ガメラ三部作の鑑賞記事などを
(ガメラ医師のBlog 2012/08/27 6:29 PM)

▲top