一番星みつけた(歯科学生の日常)

北海道生まれ、北海道育ち
そんな私が九州へ!
歯学部青年の愛と情熱の日々を綴った
パトスの結晶!!
前略、お袋様。私は生きています。

当ブログの更新は終了しました。

続編ブログ
「俺はタクランケ!(歯科学生の日常2)」
http://tulip-kimkim2.jugem.jp/

よろしくお願いします

2014.07.14 Monday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - | - | - |
2013.02.21 Thursday

剣道三倍段!?

後期の成績開示をしたが

がんばった科目ほど「優」ではなく「可」

だったりするのは、やはり悔しいものだ



いつも一緒に勉強しているキレネン子さんの

成績優秀っぷりを垣間見て

彼女と自分の違いはなんだろうか?と考えてみた



もともと、持ち得る頭脳の差もあるだろうが

やはり集中力では?という結論に行きついた



キレネン子さんには剣道という

武道を通じて養われた集中力がある

それに比べて私は弓道を

途中で辞めてしまったような人間だ



彼女を見ていると剣道は

集中力を練成できる

素晴らしい武道に思える



さて、先日キレネン子さんが

剣道三段を獲得した!オメデトウ♪


(キレネン子さんが筆記試験に向けて作ったまとめ)



剣道三段というと、どれだけすごいのだろうか?

皆さんは「剣道三倍段」という言葉を知っているだろうか?



梶原一騎・つのだじろうの名作漫画

「空手バカ一代」からの引用なのだが

この漫画によると、他の武道に比べて

剣道はその三倍の強さを持つという意味らしい



言ってみれば、柔道や空手道の三段が

剣道初段に匹敵するということらしい



「あしたのジョー」でのハリマオの動きからわかるように

梶原一騎の描くスポーツ漫画であるから

この「剣道三倍段」の根拠は、おそらく皆無だろうが

今日はこの「剣道三倍段」を軸に話を展開したい



剣道三段ということは

空手道九段、柔道九段、弓道九段並みと言える!

これは、すごい!!



私は弓道弐段なので

キレネン子さんの2/9ということに?!



よって、私はキレネン子さんの2/9の集中力しか有さない

という計算に…?!

キレネン子さんに追いつくためには

私の通常の集中力の9/2倍

すなわち4.5倍を必要とする計算となる



とすると…

キレネン子さんが試験の二週間前から勉強を始めたら

俺は…約2カ月前から始めないと…?!



そう思うと、毎日コツコツやろうかなって思う…汗

四年生になったらCBTもあるし

コツコツやらなくっちゃなぁ…ってより思うね(苦笑)



「剣道三倍段」おそるべし



それでは、ばいちゃ☆


2012.12.17 Monday

気分は剣道家!?

キレネン子さんが用具をしまいに

武道場へ行くと言うので

ついていった



久しぶりに進学坂を上がったが

大規模な改修工事が施されている最中だった

体育館の二階はすっかり閉鎖されていた



せっかく道場まで来たのだからと

キレネン子さんに武具をつけさせてもらった



神前で記念撮影(笑)

各種名称は以下のとおりである(Wikipediaより引用)



弓道と全然趣きが異なっていて

とても興味深い

面をつけると視界が一気に狭くなるので

これをつけて試合をしている

剣道家の人たちはすごいと思った

胴は思ったほど重くはなかったが

袴・胴着をちゃんと着て動くと重いのだそうだ



全然上手にできない剣道の蹲踞(そんきょ)

けれど、サマになっている?笑



写真を撮った後

キレネン子さんが「日本剣道形」の打太刀を

やって見せてくれた



帰宅して、YOUTUBEで

「日本剣道形」を見た

戦前は「大日本帝国剣道形」と呼ばれていたそうな

…久しぶりに日本精神に触れたような気がした



ばいちゃ☆


2012.06.26 Tuesday

さようなら

今日は午前中で授業が終わった

昼ご飯を食べて、久しぶりに坂を上り

誰もいない道場で一人荷物を片づけていた



昨日、道場整備があったようで

道場内はとてもきれいに清掃され

矢道の草も刈られていた



矢を自分の矢筒に入れて

弓道ノートもカバンにしまった

ロッカーは三年間の思い出が

物理的にしまいこんであったので

掃除にひと手間かかった



先輩から昔もらった熊のぬいぐるみがでてきた

後輩のロッカーに入れてきた

どこかで拾ってきた住所の表札も

しげみの中に放り投げた



失くしていたカケ袋がでてきた

そっとカケを袋の中に入れた



思い出つまった道場とも今日でお別れだ



もう、ここに来ることはないだろうが…



これまでの大学生活の

ほとんどの時間はここで過ごしていたなぁ




そういえば、このあいだの

6月10日にあった

第26回福岡県大学弓道選手権大会で

歯科大弓道部が男子の「射技優秀校」に選ばれていたそうだ

そのチームには落前としてはいっていたので

なんだかとても誇らしかった



最後に出場した試合で

正選手として成果を残すことができてよかった



今日の部活開始前に

皆の前で最後の挨拶

さようなら



こうして

私の弓道部員としての生活が終わったのだ



それでは、ばいちゃ


2012.06.12 Tuesday

弓道とアーチェリー

今日は師範の先生のところへ

練習をしにいったので弓道の話



私はよく

「的は真ん中に近いほうが得点が高いの?」

と聞かれる

弓道においては的の端に中ろうが

真ん中に中ろうがマルはマル

(真ん中に中ったほうが良いことは良いが)

中る場所によって得点が違うのは

アーチェリー(洋弓)のほうであるが

よく知らない人にとっては

どちらがどのように違うのかは

正確には分からないのではないだろうか?



私も弓道部に入るまで

よく知らなかった



ちょっとネットサーフィンしたり

著作をめくって見ると

まず、和弓と洋弓の違いは

弓と引き手、どちらに変化をもとめるかの差だという



弓道(和弓)は弓の性能自体は

はるか昔から変わらない

変化が求められるのは引き手の方だという

洋弓に比べて的に中てづらい弓を使うことで

引き手の変化、すなわち精神の修練が求められる

そこが「弓術」ではなく「弓『道』」である由縁だという



それとは対照的に

アーチェリーは弓の性能を向上させていったのだという

はるか昔の弓と比べて

洋弓は的中に特化されたつくりになっているのだとか



この二つの競技は

西洋と東洋の精神文化の違いともいえるだろう



弓=自然

としてとらえたとき

和弓は人間が自然に合わせていったのに対して

洋弓は自然を加工して人間に合わせていった

といえるのではないだろうか?



ところで、調べていくうちに

弓道の試合にアーチェリーは出ることが出来ないが

アーチェリーの試合に弓道が出ることが出来る

ということが発覚した

アーチェリーは「弓を使って矢を射る競技」

ということなので

その弓に和弓を使ってもよいということなのだろう



かつて、オリンピックのアーチェリーに弓道家が

出場してメダルを狙っていたという話まで聞いた

その真偽を確かめてみると

なるほど、確かにその通りのようだった



東京オリンピックでアーチェリーが正式競技になった際

(結局、エントリー国数が少なくて

次の大会まで見送りになったそうだが)

全日本弓道連盟から選手がエントリーされていたのだとか



「日本アーチェリー協会」なる組織はあったものの

「全日本弓道連盟」の「洋弓部」が

国際連盟に加盟していたという

すなわち、当時の国内のアーチェリー選手は

全日本弓道連盟に加盟しないと

国際試合に出場できなかったというわけである



オリンピックへの参加が先送りされるなか

ついに「全日本アーチェリー連盟」なる組織が発足

全日本弓道連盟との間に

国際連盟の加盟権をめぐる争いがあったのだという



そして両連盟が感情論にまで争いがもつれ込むなか

東京オリンピックの三年後

1967年の第24回アーチェリー世界選手権


(アーチェリーどっとコムの「歴史の事実として」より引用)



アーチェリーの大会で

和弓を引いている選手がいる…!



全日本弓道連盟は

和弓の勝利を信じて

多くの弓道家に参加を募ったところ

アーチェリー選手団の中で1人だけ

宮田選手という弓道家がエントリー



129人中129位という惨敗をきし

全日本弓道連盟は国際連盟への加盟権を

日本アーチェリー協会へ譲ったという

歴史的経緯があったのだそうだ



とはいえ、この写真は

かなりのカルチャーショックだった



宮田選手は矢もアーチェリー用に改造して

試合に臨み、和弓にしては

驚異的なポイントをたたき出したそうだが

的中に特化した洋弓にはかなわなかったのだという



ちゃんと宮田選手

右のポケットに替え弦を用意していますね(笑)



ということで、一弓道選手として

洋弓の試合に出てみるのも

面白いのかもしれない



的までは60mもあるらしいが…

(弓道だと28m)



今日は弓道とアーチェリーの話でした

それでは、ばいちゃ☆


2012.06.10 Sunday

梅雨の合間の晴れの日に…

今日は男子部レギュラーで

第26回福岡県大学弓道選手権大会に出場した

私は当初控え選手だったのだが

正選手として試合に参加できることが

なんだかとてもうれしくって

是が非でも中てて帰ろう!という気概に満ち満ちとしていた




会場は福岡武道館弓道場

写真は武道館で、弓道場はこの建物の隣にある





この大会は昨年度は

男子は福岡大学が

女子は西南学院大学が優勝しており

これまでの優勝記録を見ても

九州の早慶の強さを垣間見ることができた



さて、歯科大は一立ち目

矢渡しを見ていると

だんだんと気持ち悪くなってきた

日差しが強くて参ってしまったのかと思ったが

第一控えに入ったときには

背中がしびれ出して

全身に変な汗が噴き出してきて

ついには吐き気まで…



係員の人に申し出て

トイレに行かせてもらった

第一控えで急いでいるのに

こんなときに限ってはいっている…

本当に申し訳ないが、ドアを叩いて

「すいません…!」と懇願



なんとか用を済ませて

無事に立ちにはいれたものの

引いている間も

立っているのが辛かった

(とは言うものの、的中は○○○×だった

調子悪い方が力が抜けていいのかしらん?)



トイレ騒動で、他の正選手の人たち

特に先輩たちをお騒がせしてしまい

精神統一の邪魔をしてしまったことで

とても申し訳ない気持ちになってしまった

どうもすいませんでした…



風にあたって

何度かトイレに行って

調子は戻ってきて

二立ち目は万全の状態で引けた

(ちなみに、二立ち目は○××○

個人予選通過には一本足らず…悔)



どうして急に調子が悪くなったのだろうか

朝ごはんのおにぎりが中った?

昨晩の焼き肉食べ過ぎ?

多少はこれらの原因があったかもしれないが

おそらく「過敏性大腸症候群」が

顕著に出てしまったと思われる

…内臓が弱っていたから、より出てしまったのかな

だから、私は自分が思っているより

とてもとても緊張していたわけである

精神も内臓も弱いのか…

他の選手に迷惑をかけないように

試合の一回一回に慣れて緊張を操れるようにがんばろう



個人予選は通過能はずだったが

団体は予選を通過!

決勝トーナメントに駒を進めた



一回戦の相手は

九州共立大学

今度のリーグ戦局敬入れ替え戦で

当たる相手だから勝っておきたいところだったが

12-14で敗北



団体12中は、普段の練習通りの的中だったが

あと一人一人が一本多く入れていれば

勝てた試合だったと反省した

半矢がどうこうとか言っていないで

もっと安定して、的中の平均を引き上げていかないと

試合では勝って行けないと思った

もっともっと鍛錬して的中を我が者にしていかなれば…




帰りは隣の護国神社に参拝

北九州への帰り道

「警固神社」の「今月の言葉」が目に入った




ちょっと何を言いたいのかわからないので

男子部内で解釈に物議が醸し出された



明日は月例会

試合での経験と反省を生かして

初の月例会入賞を目標に

引いていきたいと思う!



がんばるぞ!ばいちゃ☆





2012.06.07 Thursday

ある弓射ることを


(※ この間、キレネン子さんに

弓を引いているところを見てもらった時に

写真を撮ってもらったので

今日の記事で紹介していきたいと思います

文章とは関係がないけど

まぁ、弓道の話ということであしからず…テヘペロ)



そういえば兼好法師の「徒然草」に

「ある人弓射ることを」という

弓道の達人の話を書いた項があることを思い出した



師の言はく、

「初心の人、二つの矢を持つ事なかれ。

後の矢を頼みて、初めの矢になほざりの心あり。

毎度ただ得失なく、この一矢に定むべしと思へ」と言ふ。



…確かにそうかもしれない

私はまるっきりの初心者というわけではないが

まだまだ弐段で、弓道の世界では駆け出しのひよっこである

この師の教訓は

自分の中にある無意識の

いい加減な気持ちを戒めている




正規練習で四矢で入って

四本の中で2〜3中はしても

1〜2本は必ず抜いてしまう



一本抜いても

まだ一本あるじゃないかと

自分を慰めてしまっている

逆に、抜け続けてしまい

次を入れないと…!という時には

後のない状況に焦りを覚えて

急に緊張が高まってきたりもする



一本ずつを

しっかり、じっくり

緊張感を持って引いていくことが

今後の自分に生きてくるのだと思った



今日の練習から

男子レギュラーに返り咲いた

努力が報われたような気分だった

もたれに悩まされて正選手からはずされて

早幾月…

だが「とりあえず交代して様子見」と言われたため

またすぐに変えられてしまう不安もはらんでいるが…



正選手になった手前

今まで以上にしっかりと的中をあげていかなければならない

今日は特に中るところを先輩に見せねば…

と思い、20本を試合のように

緊張感をもって引ききることができた

正選手になることが目標だったが

部が求めているのは試合で中てる正選手だ

正選手になったからには

試合を今まで以上にリアルに

想定していかなければならないだろう



とにかく、私の武器は「押し」

以前、先輩が「押せば中る」と言っていたのが

三年目にしてやっとわかってきた気がする



中った射に善し悪しはあるだろうが

中っていない射に善し悪しはない

的中は正射の必要条件

とにかく、今は、中てたい

中るとやっぱり楽しいし

中てるために練習をして…

練習が的中に結び付いている今が

この上なく楽しい

どんどん「弓道馬鹿」に変貌を遂げている



夜は6年生の先輩たちと男子会



弓道部も弓道も楽しい

この大学に入って本当によかったと思う



それでは、ばいちゃ☆


2012.06.06 Wednesday

昨日も俺は酒を飲み

かくて、われらは今夜も飲む

たしかに医の道は永く

人生は短い

しかしこの一杯を飲んでいる時間くらいはある

あと、部活に打ち込む時間くらいもあるのだろう

…黄昏に乾杯を!

ということで、昨晩は武道飲みでした



酒を飲んだ次の日の朝は

どうも目が覚めるのが早い

…起きてしまったので

ブログの更新でもするか…ということで

早速、今日の記事



とりあえず、今日は朝から実習だったので

おきることができてよかった

後で、ジョイフルに朝定を食べに行くつもり

実習で睡魔に襲われる予感

…怖いなぁ…



武道飲みは

柔道、剣道、空手道、弓道

…あと、合気道同好会もさり気なくいたような…

その4部活1同好会での合同飲み会

毎年この時期に開かれる

あとは、学祭の打ち上げと

年に二回ほど開かれている



とりあえず昨日は

キレネン子さんにつぶされた(笑)

キレネン子さんは剣道部所属

でも、キレネン子さんもつぶれた(笑)

共倒れである



昨晩は相当酩酊してしまったが

帰りのころには復活をとげ

自分の足で家まで歩けた

…千鳥足だったが…



部活での成績もよかったし

昨晩はとても気分が良かったので

とりあえず、気持ちよく酔っ払った

あと、別の部活の先輩・後輩とも

たくさん話すことができたのでよかった

去年は結局、弓道部で固まってしまったからなぁ…

交流を深めることができてヨカッタヨカッタ



さて、外もすっかり明るくなってきた

今日も一日がんばるかな!



それでは、ばいちゃ☆

2012.06.03 Sunday

弓でも恋でも大事なもの

今日は「西日本都市対抗戦」

実は、半年振りの試合となる

最後に自分が出場した試合は

昨年度の冬季定期戦だったかしらん

もたれでないときに出た試合でいうと

さらにさかのぼって昨年度の秋季定期戦か



こんなに気力が心身ともに充実した状態で

試合に挑めるというのは嬉しいし

気持ちよく緊張してきた

「離れるかな?」という不安が一切ないのだ

「中るかな?」という気持ちは多少あったが(笑)



朝は小雨がぱらついていたが

昼になると太陽が照り付けて来た

夏の到来を思わせる天気だった



当初、個人戦で出場が予定されていたが

来ることの出来なかった先生方や六年生の関係で

歯科大弓道部のOBチームである

弓歯会Cチームのメンバーとして

団体戦に出場することができた

自分の指導学年と同じ立ちに入ることができて

とても嬉しかった

もたれからのカムバックを彩る舞台としては

楽しみな試合になってきたわけである



結果は○○××

と、予選通過に一中届かず

半矢というのは、或る程度練習どおりの的中だったわけだが

思いのほか緊張してしまい

押し切ることのできなかった自分への悔しさもあって

悲喜こもごもといった感じだった(どちらかというと悲)



ということで

この悔しさを晴らすべく

試合終了後に道場へ帰って

有志のメンバーで「百射会」を敢行した




70本目すぎから

的中にはまず何が大事なのか?

自分は何をすると中るのかがわかってきた



そう、それは「押し」だったわけである

今日の試合で震えてしまった「押し」である

試合で押せなかった分

練習で100回押した

ちなみに的中は60/100

次からは試合の前に気づけるように

もっと集中して練習に望まなければ…

と、自己を省みて決意を新たにした



100本をじっくり集中して引くことが出来た

これからもコンスタントに百射会をしたいと思う



夜は百射会のメンバーで夕食

そして月を見ながら一献



そういえば明日からまた学校だった…

歯周病の小試験があった…

忘れてたorz

けど、充実感が胸を支配している

今日は気持ちよく眠れそうである

眠ってしまおう…

ということで、ばいちゃ☆


2012.06.02 Saturday

可愛いあの娘が見てるから

今日は一日、部活の仕事で封殺された

明日は合唱祭ということで

パンフへ挟み込むためのビラを作って

輪転機にかけて印刷した



なかなかよいデザインと思っていたら

インクが濃すぎて、輪転機が一枚ごとに紙詰まって

思いのほか時間がかかってしまった

手も真っ黒…



明日は試合だし、道場に早く行きたかったが

結局、夜八時になってようやくあがれた

道場には誰もいなかったが

キレネン子さんを呼んで

弓を引いているところを見せた

「弓志愛歌」の三番にあるように

「可愛いあの娘がみてるから

中ってくださいど真ん中」だ



こりゃまた、なかなか中らない

最後は中ってきたが

試合より緊張したかもしれない

「カッコいい」といわれたのは素直に嬉しかった

弓を引いている自分が

今一番、自分らしいのかもしれない

ずっと見て欲しかったから

見せることが出来て本当に良かった



さて、今日はおやつに

「たこ大王」というお店にいった

南小倉駅の近くにあって

「美味しい」と聞いていたから行きたかったのだが

なかなか開いている時間に行くことが出来なかった



うわさどおり、とても美味しかった



急にたこ焼きをたらふく食べたい…!と思ったので

夕飯はたこ焼きパーティー



おなかイッパイ、たこ焼きを食べました



キレネン子さんが洗ってくれた胴着を着て

明日の試合、がんばるぞ!



それでは、ばいちゃ☆


2012.05.28 Monday

初心に帰って

今日は道場コンパだった

道場で大学病院、ならびに近隣の先生方をお招きして

新入生の入部を祝うというもの

コンパはコンパでも

合コンのコンパとは趣ががらりと異なる(笑)



さて、主務として

初めて司会をつとめる会ということもあり

ちょっとばかし緊張した

コンクールでもコンテストでもないのに

人前で司会進行というのは

なんだかんだで緊張するもんなんだな



七月頭には新入生歓迎会もあるが

今年は創部50周年記念式典や

部長をつとめてくださった前学長先生の

退官パーティーもかねているため

新入生を祝うだけの会は

今年度はこの道場コンパだけになるだろう



さて、私の所属する

歯科大弓道部は今年で50周年になるそうだが

大正三年の私立九州歯科医学校に端を発する

長い我が校の歴史のなかで

少しばかり短いような気がしたが

この「50周年」というのは

戦後、大学に昇格してからの換算になるそうだ



歴史をさかのぼれば

九州歯科医学専門学校時代の

昭和三年に結成された弓道部が

歯科大弓道部の起源となるそうである



だが、先の大戦での敗北により

GHQから「武道禁止令」が発令され

弓道部は解散に追いやられてしまったそうな



だが、それから戦後12年で再結成

弓道愛好会から同好会

そして現在の弓道部となったそうである

愛好会時代から

輝かしい戦績を誇っており

「西日本の雄」と全国にその名を高めた

(長い歴史の中で

一回解散したわけであるが

その理由がGHQの指令であることに

驚きを隠せなかった

歯科大弓道部を解散させるには

米軍ほどの組織が動かなければならない

ということだろうか…笑)



デンタルは常勝

それどころか西日本大会や

全日本大会での輝かしい成績の数々は

道場に数多く飾られている賞状は

それら黄金期の弓道部を物語っている



これらの輝かしい成績と

先輩方が作られてきた歴史と伝統に

ほんのすこしでも貢献したいと思った

歯科大弓道部の看板に

少しでも恥ずかしくないような射を

自分の中に作り上げていきたいと思った



そして、胸を張って

「私は歯科大弓道部です」といえるように

小さな大会でもいいから

タイトルを手に入れたいと思った



私はまだ大きな試合を経験したことがない

練習のなかで今以上に研鑽を重ねていかなければならないだろう



私は入部当初に

「いち早く、歯科大の戦力になりたい」と

夢を語った

だが

三年生になった今

自分が語った抱負は少しでもかなえられているだろうか?



また抱負を述べる一年生を見て

自分たちが一年生のときを思い出した

その時、先生が道場の名札を見て

おっしゃった言葉…

「木札に埋もれない選手になってほしい」

私は引退する時

どんな戦果を残せているだろうか



初心に帰って

また日々の練習に励みたいと思う



我今日も亦

一大勇猛心を持って弓に対わん!



それでは、ばいちゃ☆


▲top